フロリダの男性が150万ドルのApple Pay詐欺陰謀により4年以上の刑を宣告された

フロリダの男性が150万ドルのApple Pay詐欺陰謀により4年以上の刑を宣告された

米国司法省は、Apple Payの詐欺陰謀に関連して、フロリダ州マイアミから30歳の男性を起訴したと発表しました。その男は以前に告発に対して有罪を認めていたが、3人の共謀者も宣告された。

司法省は、ダニエル・バトラーが電信詐欺と個人情報窃盗の悪化を企てた陰謀により、54ヶ月の刑を宣告されたと言います。調査によると、バトラーと他の人たちは少なくとも477枚のクレジットカードを不正に入手し、それらをiPhoneのApple Payにリンクしました。

そこから、彼らはiPhoneを使って、実際の物理的なカードにアクセスすることなく、小売店でApple Payを購入しました。DOJによると、このグループは合計で150万ドル以上の不正な購入を行っています。

バトラーの共謀者のうち3人はすでに宣告されており、さらに2人が2019年12月に宣告される予定です。

バトラーの判決は、3人の共謀者の嘆願に従っています。2018年12月、ジョニーマックスウェスリー(マイアミ、24歳)が連邦刑務所で4年の刑を宣告されました。レイチェル・ビショップ(27歳、マイアミ)とローラン・ピエール・ルイ(31歳、マイアミ)は、2019年12月に宣告される予定です。

陰謀の詳細はやや不明瞭です。詐欺師がカード番号にアクセスすると、銀行に直接電話し、アカウント所有者を装ってカードをApple Payにリンクするために必要な情報を取得すると考えられています。

Apple Pay自体は非常に安全ですが、銀行や金融機関による検証プロセスは弱点であることが証明されています。2015年のレポートでは、多くの Apple Pay銀行が必要な検証手順を実施できず、Apple Payを通じて不正行為が増加していると説明しました。

バトラーと彼の共謀者からの詐欺行為は2015年に始まり、彼らも銀行によって実行された弱いIDチェックを利用できることを示唆しました。

NEWSカテゴリの最新記事